Category Archive: 未分類

投票に行きましょう

kijitumae2kijitumae

※次の地区は1日のみ期日前投票所

横川地区
横川公民館:平成27年4月7日(火曜日)午前10時~午後3時30分

上三依地区
上三依公民館 :平成27年4月8日(水曜日)午前10時~午後3時30分

芹沢地区
芹沢生活改善センター :平成27年4月9日(木曜日)午前8時30分~午後5時

※選挙管理委員会事務局選挙係
tel:0288-21-5180

2014年10月1日

hiraki_chisako_pdfA

hiraki_chisako_pdfB

どれも期待できますが、とりわけ以下がお勧めです。

日時 11月1日(土) 15時~17時
お題 「集団的自衛権行使が導く危険な行く末」
講師 孫崎 享さん(元防衛大教諭・元外務相情報局長)
会場 宇都宮市 とちぎ健康の森
参加費 無料
申し込み TEL 028-627-1700
FAX 028-627-1710
「民主党とちぎ政策研究会」事務局

予定が分からない方は、当日参加も大丈夫かと思います。

皆様へ

梅雨も明けいよいよ夏本番となりました。
すっかりご無沙汰してしまいましたが、皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 

さて、昨年末からこの春まで、私の市長選挙のため、たいへんお騒がせいたしました。
応援してくださった皆さまにはお応えできずに、本当に申し訳ありませんでした。
さらに、皆さんがお声をかけて下さった方々へ、私に代わりお礼とお詫びのご挨拶などの
「敗戦処理」までしてくださった様子が私にも伝わって来ています。
「本当にお世話になりました。ありがとうございました。」としたいのですが、お礼は選挙違反にあたるとのこと、せめて「日頃のご厚情にこころから感謝を申し上げます」といたします。
 

選挙が終わって早いもので三ヶ月が過ぎました。今、私の心は晴れています。
様々な反省点はありますが、立候補したことに関しては全く悔いはありません。
これまで他候補を応援して、落選したことも何度かありましたが、不思議なことにその時の悔しさと比べると今回の悔しさは違います。これまでは何とも言えぬ無力感とやるせなさが残りましたが、今回は「ああ、そうか」と冷静に受け止めています。自身への取り組み方等の反省点や、立候補に至るまでの想いがあったからかと思います。
これからもどうぞ末永く、変わらぬお付き合いのほど、宜しくお願い申し上げます。
 

フードバンク日光

フードバンク
 

現在は、上の「フードバンク日光」のボランティアを始めました。
すでにここ数年、宇都宮のフードバンクから日光市民への定期的な食糧支援を頂いています。
見たくないあなたの泣き顔!今後は市民・県民の皆さんが少しでも笑顔になれるよう、フードバンクの活動を切り口に日夜、奮闘して参ります。これまでとは登山道=手段は違えども、私の目指すところは変わりません。こちらへのご協力もどうぞよろしくお願いいたします。
また、福祉系の賃労働も少しずつ始めていますのでご安心下さい。
人の生命に関わる反戦運動と原発再稼働反対運動も続けて参ります。
 

さて、お陰様で下記の決算のとおり当分の間は引き続き後援会事務所を維持できそうです。
つきましてはご要望の強い「女性の茶話会」を毎月第三月曜日19時から再開いたします。
初回は8月18日(月)19時です、お申し込みは2日前まで0288-26-6739へ。
また、他の会合をご希望の方は当事務所をご自由にお使い頂けますのでご連絡下さい。
 

以下、「市長選挙の収支」をご報告致します。(平成25年12月~同26年5月)

皆様からの後援会年会費・寄付・陣中見舞い  3,658,664 円
平木個人の持ち出し 2,663,850 円
収入計 6,322,514 円
印刷費・郵送費等の選挙費用 支出計 5,009,558 円
差し引き残額 1,312,956 円

残額は全額、後援会に繰り入れさせて頂きます。たくさんのご支援をいただきまして、本当にありがとうございました。本来なら、お伺いしてご報告やご挨拶を致すべきところですが、文書にての失礼を重ねてお許し下さい。2014年7月 平木ちさこ(電話090-4825-3775)

2014年3月20日

市営船村記念館!ならぬことはならぬものです!

photo
 

市民の不安や不満、反対の声を置き去りにしたまま、総工費10億円の船村記念館の建設が始まった。年間310日営業、入場料500円で一日180人の客を見込んでいる。市営の記念館となると、市職員が「いらっしゃいませ」と受付や接客にあたることになる。

変じゃないか?当の船村氏の会社である喜怒哀楽社は一銭も出さぬまま、日光市はどこまで市税を投入し続けるのか?!個人の記念館に対してこれ以上、公費を費やすことにストップをかけねばならない。

同じ敷地に建つ商業棟は「おあしす今市」が建物を買い上げ、各商店がテナント・賃料を支払って営業する。ならば記念館も当然そうするべきだ。高額な建設費や企画設備費に見合った貸し館料をいただいて、喜怒哀楽社に必死で客寄せをして運営してもらおう。このまま市営となったなら赤字でも市が補填して行くことになる。

厳しい財政状況の中、ならぬものはならぬのです。

その上、最近、斎藤市長は「船村記念館は私が進めているわけでは無い。商工会議所とオアシスいまいちが発案した」と逃げ腰。昨年暮れの私の一般質問に対しても、「私が市長になる前からのまちなかの悲願だった」と。

調査もしていないから集客見込みも分からぬまま、根拠の無い収支計画を立てて進めてきた市長の責任は免れない。

ふたこと目には、法定協議会は市が立ち上げた公式なものだから、と言うが、この中心市街地活性化事業の主体はあくまでも市。その責任者はやはり市長なのだ。ここに及んで、他人のせいにするのは往生際が悪すぎる。

とにもかくにも、10億円の公費をかけた建設費に見合うだけの賃料をしっかりと戴こう。市が丸抱えで運営してゆく「市営船村徹記念館」など許す訳にはいかない。

人口減と高齢化!待ったなしの日光市

日光市は別表の人口推移からも明らかなように合併してから約7,000人の人口が減り、その減少率は14市の中では那須烏山市に続き2番目となっている。同じく市民一人あたりの市の借金も558000円で大田原に次いで2番目に多い。平成24年に28.7%だった高齢化率も32年には34.6%となる予想が出ている。

zinkou_mini

(14市の人口推移:出典:栃木県の人口)

雇用を増やして若者を地元に引き留めよう!

日本の地方自治の多くは右肩下がりの現象とは言え、とりわけ日光市の将来は決して安心出来ない。市民の納得の行く打開策を講じねばならず、産業の振興は必須施策となる。土沢インターチェンジ付近への産業団地の整備はすでに進んでいるが、他にも雇用を生むインターパーク・アウトレットモールの建設も考える。これは鬼怒川・日光への「ゲートタウン」として観光客を呼び込む足掛かりとなる。
また、藤原に、3千・5千人規模のコンベンションホール(大型集会場)を建てたなら各団体の全国集会や国際会議も誘致できる。集会には分科会がつきものだが、各ホテルが宿泊も含めて対応出来るため宇都宮よりも便利だ。そして全国大会となるとオプショナルツアーとして、集会の翌日に観光ツアーがセットされるので、その誘客効果は大きい。
また、大型施設が出来るとこれまでの1000人規模の観客では呼べない芸術や文化の公演も可能となる。
もちろん、アウトレットモールも集会場についても慎重で綿密なマーケティング(市場)調査を重ねた上での事業となる。調査結果は市民の皆さんにすべて公開し、知恵と意見を出して戴く。
無駄なハコモノになるか、有意なハコモノになるかは、よくよく考察・研究せねばならない。
そこに民間シンクタンクの調査力や分析力を駆使する。行政がやらずとも、企業が乗ってくる事業もある。この先、官の力だけでは知れている。企業の力、市民の力、行政の力三種を合わせてこれからの日光市を進めて行きたい。とりわけ企業のシビアな視点は、間違いなく日光市を逞しくしてゆくだろう。

ひとりぼっちにしない!

団塊の世代が高齢者入りし、いよいよ捻りはちまきで取り組んで行かないとならない時代が来た。国の施策を待つだけでは、この広い日光市の高齢者施策は追いつかない。福祉はいつも現場からは発信されるものだ。決して厚生労働省のパソコンから市の担当課へ流れる制度だけでは解決できないことが多々ある。雪深い山の中や空洞化が進んだ町の中でひとり暮らすお年寄りは、誰とも話すこと無く夕方には声が出なくなる。皆がみなご近所付き合いがうまく行くとは限らない。それはよーく分かる。それでもそれでも、何とかしたい気持ちは募る。
「ひとりぼっちにしない」これは議員の時に、北海道浦河町の「ベテルの家」を尋ねたときの標語だ。ひとりの牧師さんが始めた精神障害者との共生の想いが幾重にも拡がっている町だ。人生につまずいたら浦河に行く「今日も明日も問題だらけそれで順調」そんな言葉が私たちのの小さな殻を大きく破ってくれる。道ばたにうずくまってもの想いにふける人を見かける「排除しないまち」海が見える丘を馬たちが光りながら走っていた。
10年間、毎月発行してきた元気ネットニュースも今回で終わります。
長い間、ご愛読いただきまして本当にありがとうございました。

見たくない あなたの泣き顔、
そのためにこれからも歩き続けます。
そして あなたの笑顔が見たいのです。
また会いましょう!

2014年2月20日

970427_730439980333427_550956215_n

 

見たくない!
あなたの泣き顔

このまちに住む人たちの心配ごとが減り
朝、穏やかに目覚めることができる
私はそんな日光市にしたい。

人の悩みは
お金、健康、仕事、家族、恋愛など
千差万別です。

それでも政治の力で
少しでも解決できることがあるのなら
私は一生懸命、そのことに向かいます。

以上は、私にとっての政治の原点と言える。
政治とは、そこに住む人が穏やかに暮らすことができるように統治すること。

 

個人の問題だとされていることでも、実は社会全体で解決して行くべきことがある。
毎年、障がいのあるお子さんの親の会に招かれて意見交換をしている。
その席上ではいつも、親亡き後の子どもさんの生活への不安が語られる。
70代、80代の親御さんが「365日、気持ちが晴れることは無い」「自分が死ぬ時はいっそのこと、と思うことさえある」と。障がいは、確率の問題で発生する。どこの家庭にも起こり得ることだ。その親御さんの心配や本人の不安を想像したなら、やはり、個々の家庭の問題とせずに、みんなで支え合うことだ。

必ず家族以外の誰かやどこかと繋がること、そうすればそのネットワークで、緊急支援が出来る。そんな具体的な支援をはっきりと提示して安心してもらうことが大切だと改めて思った。それに誰しも老いると歩けなくなったり、耳が遠くなったり、目がみえにくくなるなどの障がいを持つではないか。

また、ある70代の男性は、訪問看護や訪問医療の体制が日光市に整っていれば、もっと家で死ねるのにと。24時間体制の訪問医療機関と訪問看護ステーションが市内に出来たなら末期癌の人や老衰の人たちの看取りを家で出来るようになる。宇都宮に看取りの場を作りたいと準備をしている看護師がいる。そんな場が日光にも出来れば、家族も一人で看取るのは嫌だけど看護師と一緒ならば安心して看取ることが出来る。

また、24時間の訪問医療・看護体制が出来れば、重度の障がいを持つ子どもたちも望めば家で暮らすことが出来るようになる。産科や小児科の開設に日光市が補助金を出しているように、在宅医療体制を支援したなら、もっと市民の安心は増えて行く。介護問題とリンクした大切な施策となる。

 

スクラップ&リフォーム

日光市の人口は下記のように減少の一途を辿っている。さらに将来人口予測を階層別に見ると、高齢化率は平成22年に27.6%、同32年には34.6%と増加。逆に生産年齢人口(15歳~64歳)については平成22年に60.7%、同32年には55.2%と減少する。

さらに、日光市の市民一人あたりの借金(市債残高)は523267円で県内14市のうち、最高額となっている。(平均346845円)
また、5市町村の「合併しないとしたならみなし交付税」とも言える毎年24億円ずつの国による財政支援も合併後10年を経た27年度で終わり、それ以降は毎年3~5億円ずつ減って行き、33年度には0になる。このように人口や財政状況から見ても、右肩下がりの日光市を右肩上がりにするのは至難の業だ。

これまでにもさまざまな施策を講じて来たが、現状はなかなか厳しい。
であるならばその厳しさの中でも、小さな予算で最大限の効果、豊かさを感じられるような施策を選び抜いて行かねばならない。特に建物(ハコモノ)は建設費の1.5倍の維持費がかかるとされる。その他に、公共施設は人件費も嵩むためよく考えなければならない。既存施設は耐震補修などを考えながら使い抜くことも大切だ。

スクラップ&リフォーム体制はこれからの日光市を乗り切るひとつの指針となる。

hirakiグラフ

 

【ご案内】

平木ちさこ事務所開き(土沢1962下野大沢駅西口)

日時 3月1日【土】10時 ~10時30分

平木ちさこ後援会総決起集会

日時 3月21日(金)14時~15時30分(開場13時45分)
会場 今市総合文化会館 大ホール

日光市長選挙公開討論会(日光青年会議所主催)

日時 4月4日(金)19時~21時(開場18時15分)
会場 今市総合文化会館 大ホール

【ボランティア大募集】

後援会活動のボランティアを募集中です。
いろいろな内容があります。
ご協力をお願いいたします。
TEL:0288-26-6739へ

 

【女性議員を減らさない!】

かねてから女性議員を増やそうと訴えてきたが、合併当時6人いた女性議員も、私が昨年暮れに辞めたこともあり減少している。そのような中で、私の想いを継いでくれるのが、障がい者、高齢者、若年雇用問題等に20年の実績を持つ看護師の阿部和子さん(50歳・土沢在住)。20年前に「宅老所ひばり」を共に立ち上げた仲間でもあり、まさに「福祉」のスペシャリスト。とにかく勉強熱心で正義感が強く、「福祉の平木」一押しの女性だ。

元祖市民派
平木は、団体や政党の推薦は一切、受けていません。
市民の皆さん一人ひとりの応援で市政に臨みます

2014年1月20日

1.謹んでご報告!

昨年十二月末で10年と8ヶ月の市議会議員を辞職し、次のステップへと歩み出した。この間、議員という立場で市政に関わる中で、もし自分が市長だったらこうするのにと幾度となく思って来た。これまで、かましんビルの購入や、クリーセンターの搬入路建設など、その時々の大きな事業予算に疑問を持っては反対してきた。その観点は、この事業は本当に行政がやるべきことなのか、大きな予算に見合うだけの市民益・効果があるのかという2点だった。ここ数年間は、中心市街地活性化事業の中の船村徹記念館の建設・運営について異を唱え、予算にも反対して来た。

続きを読む»

2013年12月20日

1. 日光・結構・NIKKO三昧(こんな日光第2弾!イケイケ編)

●日光に大学や専門学校があれば良い。

観光(食)・自然・工芸(漆・彫金)・情報の四科。土地は市が用意する。若者が住めばお店も出来る。身近に若者たちを見ていると目の保養にもなり元気が出る。なぜか若者は不思議な力を持っている。それに何てったって可愛いし。 誰の子でも良いから見ていたい。
1000人くらい人口が増えたらすごい!

●日光に「日光新書」があれば良い。

日光の観光・自然・歴史(足尾・湯西川・川治・鬼怒川)温泉・アウトドア、グルメetc…著者たる市民はたくさんいる。日光検定や日光ブランドの先に日光の何でもが記された日光新書が何十冊も生まれる。
そして図書館もまちへ出よう!

続きを読む»

2013年11月20日

来春の選挙に向けて、日光市がこうなったらいいと、たくさんの想いが溢れる。その一端をご紹介したい。

1.今、農業が揺らいでいる

TPP絡みで戸別保障や減反政策が減失されようとしている。その代わりに飼料米への補償を手厚くして、辛うじて水田は守ろうとしているようだが。農業にお金をかけ過ぎだ、という商工業者もいる。国の保障なんて生活保護のようなもの、それより米価を上げてまともに生活できるようにしてくれ、と訴える農業者もいる。戦時中、食糧を作って国民の命を支えてくれたのは農家だった。人間の生命の究極は食べることと排泄することだろう、と、思う。私は北海道の小さな酪農家の娘として生まれ、土の素晴らしさを掛け替えのないものと思っている。

IMG_9225じゃがいもを半分に切り、灰を付けて土に埋める。3か月もすると根っこの先までころころと大小10個もの子どもの芋が増える。広い大地で人の背よりも伸びたデントコーンを刻んでサイロに詰める。酸っぱいにおいになったころ、牛たちは喜んで食べた。雷に打たれそうになりながら、牧草を干して丸めて牛舎の二階に上げた。それらは冬の牛たちの餌になった。牛は放牧できない吹雪の中でも、そんなものを食べながらぬっとする牛舎の中で、薄黄色い乳を毎日出した。植物しか食べないのに、牛の体を通ると栄養いっぱいのタンパク質に変わる。ミルク会社(=雪印乳業)が搾った乳を買ってくれた。私は父と母と村の人たちと雪印と、牛乳を飲んでくれた人たちのお蔭で育った。
続きを読む»

2013年10月20日

1.真の中心市街地活性化とは何か?

現在、今市地区の小倉町周辺整備事業が進んでおり、場所はかましん前の交番から東側約2600坪の区域。そこには、4つの施設が建設されようとしている。380人の市民ホール、12テナントが入る商業施設、船村記念館、7-11。これまでの議会の中や、関係者の話から見えてきたことについて報告したい。

IMG_5529建設費は商業施設棟が4億6000万円、7-11が4,770万円。これらの施設は(株)オアシス今市(株主総数164人:中小企業115件、民間41件、金融機関4件、商工会議所、市、その他)が買い取り営業してゆく。オアシス今市は、市が50%=4,500万円を出資している。しかし、ここにきて、あるオアシス関係者は「商業施設は2億円くらいなら銀行の借り入れを含めて何とかやっていけると思っていたが、設計の段階で4億円を超えた。建設費が高額であればあるほど、テナント料も高くしなければならない。それだけの収益をあそこでは上げるのは至難の業」と、経営者らしい困り顔。一方で、市の関係者は、理事会での決定だから、とつれない。誰が4億円余の商業施設を計画したのか、まさにつっかけもちの状態だ。方や、船村記念館の建設費は4億8千万円。加えて展示工事が3億円、合計7億8千万円に上る。さらに坪約13万円の用地買収費用や立ち退き料がかかっている。
続きを読む»

2013年9月20日

9月議会一般質問より

平木───福島原発の事故現場からは今なお放射能漏れが続いている。海洋汚染をはじめ、食物連鎖というものが、どのような経路でどこまで放射性物質を運ぶのか。人間のみならず地球上の生物への影響を考えると、恐怖がつのる。しかしながら、ただ見ているわけにも行かず、とにかく今、出来る予防や対策をしっかりと行なってゆくことしかない。福島県の県立医大が行った被災当時18歳以下の子どもたち216,809人の甲状腺検査の二次検査の結果が今年8月に発表され、44人に悪性の甲状腺がんの疑いがあり、うち18人は甲状腺癌と診断された。小児甲状腺がんの国際的発症率は、100万人に一人か二人とされているが、この結果では約1万2千人に一人の割と高い。チエノブイリ事故後にベラルーシに入り、多くの症例を診てきた甲状腺の専門医である菅谷昭医師によると、ベラルーシ国立甲状腺がんセンターのデータでは、数は少ないが、事故があったその年から小児甲状腺がんが発症していたという。そして4・5年後に急増し始めた。だから福島の結果について、原因は事故とは関係ないという見解があるが、関係ないのではなく正しくは、「分からない」と言った方が良い。
続きを読む»